Receive up-to-the-minute news updates on the hottest topics with NewsHub. Install now.

戦時下の「地下指令本部」|佐賀新聞LiVE

2017/07/17 10:13
2 0
戦時下の「地下指令本部」|佐賀新聞LiVE

 太平洋戦争時に日本海軍呉鎮守府(広島県呉市)が使用した地下壕が初めて今月29日に一般公開されるのを前に17日、報道関係者向けの視察会があった。海上自衛隊呉地方総監部によると、当時の技術の粋を集め、アーチ型の天井や厚さ約1・5メートルの壁に覆われた作戦室は、臨時の「指令本部」として使用された可能性もあるという。

 呉地方総監部によると、地下壕は1945年4月ごろ、呉鎮守府司令部庁舎の裏手に建設された。同年7月に空襲で庁舎が焼失した後、海軍は地下壕で任務に当たっていたとされる。終戦後は倉庫として使われていた。

出典: saga-s.co.jp

ソーシャルネットワークにおけるシェア:

コメント - 0