Receive up-to-the-minute news updates on the hottest topics with NewsHub. Install now.

新庄病院、9月まで設計者選定 実施設計業務は公募型プロポーザル方式|山形新聞

2018/06/23 0:23
9 0

 2023年度内の新病院開院を目指す県立新庄病院(新庄市)の改築整備事業で、県病院事業局は22日、基本、実施設計業務を一括して公募型プロポーザル方式で行うと公告した。9月中旬までに設計者を選定する。

 同事業局は、参加表明書の提出を求めて資格審査を行う。技術提案書の提出期限は8月20日で、同30日に書類による1次審査で5者程度に絞り込む。2次審査は9月10日にプレゼンテーションを行い、設計者を決める方針。審査は県医師会や東北地方整備局などで構成する委員8人が行う。

 評価基準と配点は1次審査が管理技術者の業務実績など技術力25点、技術提案など75点の計100点。2次審査はプレゼンテーションで、取り組みについての意欲などが10点、技術提案書75点の計85点。予定委託料の上限は基本、実施設計業務の一括で2億8012万円に設定した。

 業務の履行期限は基本設計が19年9月末、実施設計が20年6月末。20年度に着工、23年度の開院を目指す。建設事業費は約150億円を見込む。施設規模は約2万7625平方メートルで、病床数は325床。

出典: yamagata-np.jp

ソーシャルネットワークにおけるシェア:

コメント - 0