Receive up-to-the-minute news updates on the hottest topics with NewsHub. Install now.

日立、デジタル技術を生かした統合開発基盤を整備

2018/08/07 4:16
22 0
日立、デジタル技術を生かした統合開発基盤を整備

 日立製作所は7月31日、人工知能(AI)やRPA(Robotic Process Automation)など高度なデジタル技術を生かし、システム開発の効率化と品質向上を支援する統合開発プラットフォーム「Justware」を新たに整備し、10月1日から提供を開始すると発表した。

 同プラットフォームは、システム開発に必要となるツールやフレームワーク、開発方法論を統合、標準化したもので、プロジェクト管理者や開発者を支援するためのソリューション群で構成されている。

 プロジェクト管理支援では、統合リポジトリで管理するプロジェクト情報を、ダッシュボードで視覚的に分かりやすく表示する。プロジェクト管理者は、プロジェクトの進捗やソースコードの品質状況などをウェブブラウザ上でいつでも把握することが可能となる。また、プロジェクトスケジュールに関する妥当性チェックや、成果物をもとにした担当者やチームの弱点抽出とスキル強化施策の提示、テスト状況や結果などの情報をもとにしたアプリケーション品質の自動予測など、AIを活用した各種機能を順次強化していく。

 開発者支援では、チャットボットをベースとしたインターフェースで開発作業を自動化する。自動翻訳機能により多言語での円滑なコミュニケーションができるほか、プロジェクトに関する情報のFAQを作成しておくことで自然言語での質疑応答が可能。

 さらに同プラットフォームは、オンプレミス、プライベートクラウド、パブリッククラウドのいずれの環境でも利用可能で、ユーザーの多様なニーズや市場環境の変化に柔軟に対応しながら、高品質なアプリケーションを効率的に開発することが可能となる。

出典: japan.zdnet.com

ソーシャルネットワークにおけるシェア:

コメント - 0