Receive up-to-the-minute news updates on the hottest topics with NewsHub. Install now.

日経平均は反落、残る不透明要因 利益確定売りに押される

2019/01/16 6:43
85 0

[東京 16日 ロイター] - 東京株式市場で日経平均は反落した。前日の米国株高を支えに高寄りしたものの、買いは続かず利益確定売りに押された。強含みの円相場と連動した先物売りで下げ幅は一時200円を超えたが、個別銘柄を物色する動きもみられ、下げ渋った。午後は材料に乏しく安値圏でもみあった。

今後の中国の景気刺激策や米企業決算への期待が高まる一方、英国の欧州連合(EU)離脱問題や米政府機関閉鎖の長期化など不透明要因が残っている。好悪材料が入り混じる中で「積極的に買いづらい」(国内証券)との声が出ていた。

TOPIXも反落。セクター別では、電気・ガス、食料品、水産・農林などが値上がり率上位にランクインした半面、石油・石炭製品、鉱業、パルプ・紙などが軟調だった。

市場では、これから本格化する日本の企業決算に注目が集まっている。「昨年末にかけての下落相場で悲観は大分織り込まれた。業績の下方修正があっても悪材料出尽くしとなる可能性もある」(フィリップ証券・リサーチ部長の庵原浩樹氏)との声も出ていた。

出典: jp.reuters.com

ソーシャルネットワークにおけるシェア:

コメント - 0