Receive up-to-the-minute news updates on the hottest topics with NewsHub. Install now.

日経平均は4日ぶり反発、米株の下値の堅さ意識 一時200円超高

2018/12/07 6:35
4 0

[東京 7日 ロイター] - 東京株式市場で日経平均は4日ぶりに反発した。前日の米ダウは一時784ドル安となったが、引けにかけて下げ幅を縮小し79ドル安で終了した。米国株の下値の堅さが安心感をもたらし、買い戻しが先行。日経平均は一時200円を超す上昇となった。日中は戻り売りに押され伸び悩む場面もあったが、為替の落ち着きなどを支えに後場は高値圏を維持した。

騰落率は日経平均が前日比0.82%高、TOPIXが同0.61%高となった。TOPIXは前場に一時下げに転じたが切り返した。セクター別で上昇率上位に入ったのは小売、陸運、サービスなど内需関連。原油相場の下落を受け、石油・石炭が下落率トップとなった。銀行株や鉄鋼株もさえない。東証1部では値下がり銘柄数が値上がり銘柄数をやや上回った。

松井証券・シニアマーケットアナリストの窪田朋一郎氏は「日本政府の中国製品に対する動きに加え、米中通商問題ではトランプ米大統領も強硬姿勢を崩していない印象がある。貿易戦争は当面続くとみられており、ハイテク株は買いにくい」と話す。

出典: jp.reuters.com

ソーシャルネットワークにおけるシェア:

コメント - 0