Receive up-to-the-minute news updates on the hottest topics with NewsHub. Install now.

日韓合意「私にも厳しい批判」 安倍首相、文氏に伝える

2018/02/13 3:08
2 0

 安倍晋三首相は13日の衆院予算委員会で、韓国平昌で文在寅(ムンジェイン)大統領と会談した際、慰安婦問題に関する日韓合意について、「文大統領には、あの決断の際にも私に対して様々な厳しい批判があったことを伝えた」と明らかにした。首相は文氏に対し、合意に関する韓国内の批判を乗り越えるよう求めた形だ。

 自民党の柴山昌彦筆頭副幹事長の質問に答えた。首相は文氏に対し、「リーダーがある程度批判されることを含めて決断しなければ、未来志向の関係は築けないと申し上げた」と述べた。

 安倍首相の今回の訪韓に対しては、日本国内に反対論があった。首相はこれを念頭に「韓国及び北朝鮮に対し、我が国の立場を直接伝える観点からも、平昌五輪の盛り上がりを東京大会の成功につなげていく観点からも、大変有意義であった」と強調した。

 また、首相は平昌冬季五輪の歓迎レセプションで北朝鮮の金永南(キムヨンナム)・最高人民会議常任委員長と同席した際、拉致問題、核・ミサイル問題に関する日本側の考えを伝えた説明。「特にすべての拉致被害者の帰国を含め、拉致問題の解決を強く求めた」と述べた。

出典: asahi.com

ソーシャルネットワークにおけるシェア:

コメント - 0