Receive up-to-the-minute news updates on the hottest topics with NewsHub. Install now.

映画「ハルカの陶」クランクイン 備前焼まつり会場で撮影: 山陽新聞デジタル|さんデジ

2018/10/21 14:04
2 0

 備前焼を題材にした映画「ハルカの陶(すえ)」の撮影が21日、備前市伊部地区などで開かれた「第36回備前焼まつり」の会場で始まった。同市内の備前焼工房や登り窯などで11月2日までロケを行い、2019年秋の公開を目指す。

 原作の同名漫画は、主人公の小山はるかが訪れた陶芸展で備前焼作家・若竹修の大皿に一目ぼれし、作家を志す物語。製作は映像製作会社・ニューマーク(さぬき市)や山陽新聞社などでつくる「備前焼映画製作委員会」が手掛ける。

 撮影は午前8時、観光客らでにぎわう備前焼まつりのシーンでスタートした。岡山県の伊原木隆太知事がオープニングセレモニーであいさつしたり、来場者に交じって特産品を買い求めたりする場面を収録。漫画のモデルとなった登り窯でのロケも行った。

 この日、撮影現場で取材に応じた末次成人監督(41)は「備前焼の魅力と岡山らしさが伝わる作品にしたい」と抱負を語った。はるか役の女優奈緒さん(23)、修役の俳優平山浩行さん(41)らメインキャストは22日に撮影入りする。

出典: sanyonews.jp

ソーシャルネットワークにおけるシェア:

コメント - 0