Receive up-to-the-minute news updates on the hottest topics with NewsHub. Install now.

最上地域の観光コース、4言語で紹介 パンフ発行、写真ふんだん目に訴え|山形新聞

2018/03/12 6:16
11 0
最上地域の観光コース、4言語で紹介 パンフ発行、写真ふんだん目に訴え|山形新聞

 県最上総合支庁は、新庄まつり(新庄市)を核とした最上地域の観光周遊コースを多言語で紹介するパンフレット「AMAZING MOGAMI」を発行した。「まだ見たことのない日本」をテーマに、最上地域の魅力を外国人旅行者に写真でPRしている。

 同支庁は新庄まつりの山車(やたい)行事が国連教育科学文化機関(ユネスコ)無形文化遺産に登録されたことを機に、国内外からの観光誘客の手法を最上8市町村の担当者と検討してきた。パンフレットの作成はその一環で、広告制作・観光企画などのミラシエ(東京都、菅野年郎社長)に委託し、インバウンド(海外からの旅行)向け観光企画のアトラク東北(仙台市、後藤光正社長)の協力も得た。

 周遊ルートは新庄まつりをメインとした夏のコース、食や紅葉を楽しむ秋のコース、雪国の暮らしと雪遊びを満喫する冬のコースを設定。いずれも2泊3日で最上地域を巡る。各スポットの詳細な説明はQRコードを読み込んで見られるようにし、多くの写真を掲載した。日本語と英語、中国語の繁体字、簡体字の4種を各2500部作成。表紙はアジア圏と欧米圏のモニターの意見を参考に、英語の表紙には田園風景を、中国語の表紙には桜や雪の写真を使用した。

出典: yamagata-np.jp

ソーシャルネットワークにおけるシェア:

コメント - 0