Receive up-to-the-minute news updates on the hottest topics with NewsHub. Install now.

本県の清野君(寒河江南部小)が4位 天童・全国こども将棋王決定戦|山形新聞

2017/10/08 11:14
2 0
本県の清野君(寒河江南部小)が4位 天童・全国こども将棋王決定戦|山形新聞

 全国こども将棋王決定戦が8日、天童市のイオンモール天童で開かれ、全国各地の小学生代表12人が盤上で熱戦を繰り広げた。本県の清野達嗣君(寒河江南部5年)が4位入賞を果たした。

 将棋のまちにふさわしい大会として、イオンモール天童が初開催。全国8地区の代表と、前日に同店で開かれた将棋王決定戦(上級の部)上位4人を加えた12人で競った。本県からは県小学生名人の清野君、奥山健信君(米沢南部6年)、菅野元杜君(東根5年)の3人が出場した。

 2グループに分かれスイス方式で予選を行い、清野君は2勝1敗で3位決定戦に進んだ。関西エリアの柳瀬俊輔君(大阪・茨田東6年)を相手に果敢に仕掛けたが有効手にならず、攻めを許した。優勝は斎藤駿汰君(札幌・中の島5年)、準優勝は福田旭君(東京・目白6年)。

 清野君は4歳で将棋を始め、天童少年少女将棋教室に通う。プロを目指し来年「奨励会」を受験する予定。これまで全国規模の大会では予選止まりだったため「思い通りの力は出せた。序盤での時間の使い方を勉強したい」と話した。

出典: yamagata-np.jp

ソーシャルネットワークにおけるシェア:

コメント - 0