Receive up-to-the-minute news updates on the hottest topics with NewsHub. Install now.

「東京五輪」視野に、じわりリスク資産シフト=17年度・富国生命運用計画

2017/04/18 9:50
4 0
「東京五輪」視野に、じわりリスク資産シフト=17年度・富国生命運用計画

[東京 18日 ロイター] - 富国生命保険の2017年度の一般勘定の運用方針では、じわりとリスク資産にシフトする。過去に投資した高収益資産の「果実」が見込めるため、地政学リスクなど不透明要因が多い中では、無理な利回り追求はしない。だが、高収益資産も2020年ごろに償還のピークを迎える。将来を見据え、社債や高配当株などを今後5年間で5000億円程度積み増す方針だ。

富国生命は今、過去の投資の「収穫期」を迎えている。1ドル80─90円まで円高が進んだ2010年以降に、積み増したオープン外債が償還期を迎えているためだ。現在の為替水準からみて20─30円分の為替差益が出るため、しばらく安定した収益が見込めるという。

足元では、世界的な低金利環境が続いているほか、政治リスクや地政学リスクも高い。「これまで流動性を重視した投資をしてきており、流動性も確保できている。今は無理をして利回りを取りに行く局面ではない」と渡部氏は話す。

だが、その「果実」も東京オリンピックごろまでだ。2020年を過ぎると高収益資産の償還は減っていき、足元のマイナス金利の影響が大きくなっていく。そのころまでに国内外の金利が上昇していれば資産運用も楽になるが、定かではない。

このため、今年度から運用の高度化を進めていく方針だ。内外債券の償還金や一般貸付の返済金の再投資先として、社債などクレジット物や、安定配当が期待できる株式などを中心に収益性の高いアセットクラスを今後5年間で5000億円程度積み増す。

出典: jp.reuters.com

ソーシャルネットワークにおけるシェア:

コメント - 0