Receive up-to-the-minute news updates on the hottest topics with NewsHub. Install now.

桐蔭学園、逆転サヨナラ満塁本塁打 常総学院を破る

2018/10/21 13:27
2 0

 高校野球で「桐蔭」は大阪桐蔭だけではない。1971年に第53回全国選手権大会で初出場初優勝を飾り、80~90年代の甲子園をわかせた神奈川の桐蔭学園が復活の兆しを見せている。秋季関東大会1回戦で21日、常総学院(茨城1位)戦で、主将の森敬斗(2年)が九回に逆転サヨナラ満塁本塁打を放って7―5で勝ち8強入り。2003年春以来の甲子園に向けて前進した。

 OBには今季でプロ野球巨人の監督を退任する高橋由伸、西武で活躍した高木大成、阪神、中日などで活躍した関川浩一、ロッテの鈴木大地、楽天の茂木栄五郎らそうそうたる顔ぶれが並ぶ。しかし、近年は甲子園から遠ざかっている。

 この日、サヨナラ本塁打を放った森は神奈川県大会準決勝で勝って関東大会進出を決めた後、「桐蔭学園復活の思いは強い。OBに申し訳ない。桐蔭のユニホームを着ている限り、勝っていかないといけないと思っている」と語っていた。

出典: asahi.com

ソーシャルネットワークにおけるシェア:

コメント - 0