Receive up-to-the-minute news updates on the hottest topics with NewsHub. Install now.

桜づくし、春いっぱい 赤湯温泉、きょう13日から特別料理提供|山形新聞

2018/04/13 4:12
6 0
桜づくし、春いっぱい 赤湯温泉、きょう13日から特別料理提供|山形新聞

 桜の季節に合わせ南陽市赤湯温泉の旅館が提供する特別料理「花(さくら)うきたむ料理」の発表試食会が12日、同市の丹泉ホテルで開かれた。公募の市民や旅行業者、11日から同市を訪れているデンマークの修学旅行生ら約40人が、桜の花びらや葉をふんだんに使った春の味覚を堪能した。赤湯温泉桜まつりが開幕するきょう13日から、30日まで期間限定で提供する。

 赤湯温泉旅館協同組合(歌丸裕介代表理事)の加盟旅館14軒と赤湯温泉調理師会(江口克利会長)が毎年献立を考案。20回目の今年はサクラダイや桜肉(馬肉)などの造りをはじめ、牛すね肉と桜の葉の天ぷらを煮込んだシチュー、桜の葉を練り込んだうどんの3品が共通メニュー。これに各旅館が独自に用意した7品程度を加える。

 試食会では共通メニューのほか、桜の粉末入りドレッシングを添えたオマールエビと山菜の前菜、桜の花びらを散らしたゼリー寄せなどが並んだ。参加者は「ほんのり桜の香りがして幸せな気持ちになった」と、笑顔で箸を進めていた。

出典: yamagata-np.jp

ソーシャルネットワークにおけるシェア:

コメント - 0