Receive up-to-the-minute news updates on the hottest topics with NewsHub. Install now.

「殺すぞ」暴言の西宮市長辞職願 会見もせずに退庁、副市長が代わりに会見…「なぜ今」「説明責任を」市民から批判の声:イザ!

2018/02/20 0:36
3 0

 兵庫県西宮市の今村岳司市長(45)が辞職願を提出した19日、市側は記者会見を開いた。出席したのは副市長2人だけ。市長本人は「会見はしない」と言い残して退庁したという。突然の辞職願提出に、市民らからは「なぜ今なのか」「説明責任を果たすべきだ」などと批判の声が上がった。

 市議会の田中正剛議長によると、提出された辞職願には理由を「一身上の都合」と記したのみ。20日開会の3月定例会直前というタイミングに、田中議長は「予算案を提出したことは一定の役割を果たしたと思う」としながらも、「本来なら市民に対して自分の考えを述べるべきだと思う」と説明責任を果たさない姿勢を批判した。

 辞職願の提出を受け、市側は午後5時半から会見を開いたが、姿を見せたのは松永博副市長と掛田紀夫副市長の2人だけ。両副市長によると、今村市長は19日午前に市長室に2人を呼び出し辞意を明かしたが、辞職理由の説明はなかった。ただ、3月定例会に提出予定だった市長退職金を3割削減する条例案には、これまで不快感を示していたという。

出典: iza.ne.jp

ソーシャルネットワークにおけるシェア:

コメント - 0