Receive up-to-the-minute news updates on the hottest topics with NewsHub. Install now.

池坊保子氏「貴騒動」で心境変化 「あと4年間、相撲協会を見守りたい」:イザ!

2018/06/13 11:00
4 0

 日本相撲協会は12日、両国国技館で評議員会を開き、海老沢勝二氏(84)=元NHK会長=を新議長に選出。議長を4年間務めた池坊保子氏(76)=元文部科学副大臣=は退任するが、評議員にはとどまる。

 梅雨の時期に合わせ、鮮やかなあじさい柄のようなワンピース姿の池坊氏は、4年間を「最後は思いもかけない貴乃花親方の(理事)解任があったりして、火がついて。そういう意味では大変だった」と振り返った。

 これまではひっそり行われてきた評議員会だが、“貴の乱”を機に池坊氏が脚光を浴びることに。「評議員を4年やったら辞めてもいいなと思っていたけど、あまりにもあれが大きかったので、引き続きあと4年間相撲協会を見守りたい。あれでそういう気持ちを深くしました」と心境が変化したという。

 この日の評議員会は1時間50分のロングランに及んだが「議長は進行係だから、自分の意見をバンバンいえないけど、今日はたくさん意見を言いました。私がひとりでしゃべってました」。今後も圧倒的な存在感を発揮しそうだ。

出典: iza.ne.jp

ソーシャルネットワークにおけるシェア:

コメント - 0