Receive up-to-the-minute news updates on the hottest topics with NewsHub. Install now.

沖縄の海を守りたいから しかたにさんちの自然暮らし(35)

2017/11/21 20:00
56 0
沖縄の海を守りたいから しかたにさんちの自然暮らし(35)

 クリスマスやおせち料理の広告が目立つようになり、今年もあと1カ月ちょっととなりました。11月に入ると北風が強くなり、昼間はあまり潮も引かなくなって、海歩きに適した季節は終了。浦添市港川の西海岸にあるカーミージーの海で私が毎月やっている定点調査も、2月までの3〜4回は、満月の下で真夜中の干潟を歩きます。

 このカーミージーの海では、那覇から宜野湾へと繋がる海岸道路の建設が進み、すでに埋め立てられた場所では大型ショッピングセンターの建設も始まり、岸辺の景色はどんどん変わっています。

カーミージーの海につながるこれまでの通路は、護岸整備工事のために塞がれて、当分は海を利用しづらい状態です。でも、来年4月には、この道路が開通します!そうなれば、多くの方々が通勤や通学の途中にこの美しいイノーを目にすることでしょう。

そして、広くて浅い海を利用する人々が急増することが予想されます。たくさんの人々に、このすばらしい海と親しんでほしいとは思うのですが、利用する人が増えることで海の生き物が乱獲されたり、ごみや騒音やトラブルが増えたりするのも心配です。カーミージーの海だけでなく、沖縄全体の海の生き物が激減したのを見てきた私は、これ以上「海」を苦しめたくはありません。

 カーミージーの海は、地元の港川小学校の環境学習活動が認められた結果、海岸を埋めたてる計画が橋に変更となり、学習の場が残された経緯があります。そしてこれにより、橋の沖側の海も埋立計画が大幅に変更され、道路の沖に広がる広大なイノーが残されているんです。

現在浦添市では、カーミージーの海を「里浜」として守る条例を作成中で、12月の議会で承認されれば、来年4月の道路開通に合わせて施行される見通しです。なお、条例は「里浜としての海を保全する考え方」をうたったもので、具体的なルール作りはこれからです。

ダイビング?サーフィン?アーサ採り? もちろん、現在も行われているようなサンゴ礁の生き物観察や、カヌーでのゆったりした海の散歩もいいですね。

と言っても、難しい話ではなくて、カーミージーの海が好きで、これからもこの海で遊びたいという方々に、参加していただきたいと思っています。年齢制限もありませんので、意見を言いたい!という若い方々も大歓迎です。

出典: ryukyushimpo.jp

ソーシャルネットワークにおけるシェア:

コメント - 0