Receive up-to-the-minute news updates on the hottest topics with NewsHub. Install now.

沖縄県に無断で変更、埋め立て用土砂“問題はない” TBS NEWS

2019/01/13 8:43
11 0

 アメリカ軍普天間基地の辺野古への移設をめぐり、埋め立て用の土砂に含まれる「細粒分」の割合が沖縄県に無断で増やされていたことがわかりました。これに対し、岩屋防衛大臣は作業に問題はないとの認識を示しました。

 この問題は、辺野古沿岸部の埋め立てをめぐり政府が承認審査の際、埋め立てには適さない「細粒分」の割合を2%~13%と説明していたものの、実際、業者に発注した仕様書では40%以下と、県に無断で変更していたものです。

 これに対し岩屋防衛大臣は13日、「護岸で閉め切る前に埋め立てを実施する場面を想定したもの」だとして、作業に問題はないとの認識を示しました。

 一方、海上自衛隊が韓国海軍から火器管制レーダーを照射されたとされる問題については、改めてレーダーの照射を受けた電波情報を必要に応じて韓国側に開示する考えを示しました。その上で、近く当局間での協議を行うと共に、再発防止を強く要請したいとしています。

出典: news.tbs.co.jp

ソーシャルネットワークにおけるシェア:

コメント - 0