Receive up-to-the-minute news updates on the hottest topics with NewsHub. Install now.

津山で「県北美術展」開幕 絵画や工芸など秀作198点: 山陽新聞デジタル|さんデジ

2018/06/13 12:06
3 0

 岡山県作州地域を中心に活動する美術愛好家らの作品を集めた「第51回県北美術展」(県北美術展協会、山陽新聞社主催)が13日、津山市新魚町のアルネ・津山4階市立文化展示ホールで開幕した。初日から多くのファンが訪れ、多彩なジャンルの秀作一つ一つを楽しんでいる。18日まで。

 津山、真庭、美作市など9市町村の198人が、洋画、日本画、版画、工芸、立体・造形、デザイン・イラストの計6部門に1点ずつ出品。JR美作河井駅(津山市加茂町山下)近くの線路に積もった雪が解ける様子から春の訪れを表現した季節感あふれる洋画、猿の群れを墨の濃淡やにじみで大きさ、絶妙な距離感を演出した日本画、漆の飾り箱といった熟練の技が光る工芸などがずらりと並ぶ。

 知人の作品を見に来た自営業女性(22)=同市=は「普段見ている光景が作品になっていて感動した。どれも魅力的で見ているうちに心が安らいだ」と話した。

出典: sanyonews.jp

ソーシャルネットワークにおけるシェア:

コメント - 0