Receive up-to-the-minute news updates on the hottest topics with NewsHub. Install now.

瀬戸内・刀剣の里で「打初式」 精進誓う刀匠「理想の一振りを」: 山陽新聞デジタル|さんデジ

2019/01/13 9:38
9 0

 日本刀作りの技を今に伝える施設「備前おさふね刀剣の里」(瀬戸内市長船町長船)で13日、「打初(うちぞめ)式」があり、刀匠らが仕事始めに1年の精進を誓い、無事を祈った。

 同施設で制作に携わる10人が臨んだ。刀匠らの信仰を古くから集めてきた靱負(ゆきえ)神社(同)の神職が作業場をはらい清め、祝詞を奏上。刀匠が火床(ほど)に火入れをし、玉鋼を熱して鎚(つち)で打つ「鍛錬」の作業に励んだ。真っ赤になった玉鋼に鎚が振り下ろされると、キーンという鋭い音が響いた。

出典: sanyonews.jp

ソーシャルネットワークにおけるシェア:

コメント - 0