Receive up-to-the-minute news updates on the hottest topics with NewsHub. Install now.

生き神様が背をまたいで厄払い 美作・梶並神社で奇祭「当人祭」: 山陽新聞デジタル|さんデジ

2018/10/07 12:12
4 0

 美作市梶並、梶並神社の当人祭(岡山県重要無形民俗文化財)は6日、大祭を迎えた。生き神様の当人様が夜間、参道に伏した参拝者の背をまたいで厄払いする奇祭で、家族連れらは無病息災や家内安全を祈った。

 今年の当人様は同市の男性(64)。午後9時、当人様はサカキの葉を口にくわえ、ご神体を頭の上に掲げ、参道を約200メートル離れた拝殿に向けて出発。鉄砲隊や笛、太鼓など約50人の供を連れて、ずらっと一列に伏した参拝者を一人一人またいで進んだ。

 同市の小学3年男子(8)は「ドキドキしながら待った」。津山市の会社員女性(24)は「全国で災害が起きた。皆が平和な暮らしを取り戻して過ごせるように祈った」と話した。

出典: sanyonews.jp

ソーシャルネットワークにおけるシェア:

コメント - 0