Receive up-to-the-minute news updates on the hottest topics with NewsHub. Install now.

生まれ変わった那覇の“不夜城” カメラとお出かけ ほろほろ街(マーチ)vol.7 のうれんプラザ(那覇市樋川)

2017/12/05 2:00
5 0
生まれ変わった那覇の“不夜城” カメラとお出かけ ほろほろ街(マーチ)vol.7 のうれんプラザ(那覇市樋川)

 野菜の相対売りがにぎやかな市場に加え、カフェや花屋なども軒を連ねるさまは、まるで小さな街。早朝から深夜まで常に人が行き交う“街”の全貌を知ろうと、新しもの好きな記者たちがほろほろ(ぶらぶら)歩いた。

 午前4時。眠い目をこすりながら、深夜・早朝に唯一開いている入り口から建物に入った。売り手と買い手が1対1で交渉する「相対(あいたい)売り場」1では野菜を販売する人たちがせわしなく動き回っていた。

 野菜の入った段ボール箱1箱を台車に載せ、にこにこしている瀬長シゲさん(90)の箱をのぞくとニラとネギ。「やえこーとか、すえこーが来て、今はゆきえーが来るのを待っている」。シゲさんの夫の父は「カメジロー」の愛称で知られた政治家の故瀬長亀次郎さん。「とっても優しい方だったよ」と振り返る。

 そうこうしていると、待っていた「ゆきえー」こと、上原雪枝さん(68)がやって来た。皆が「働き者」と口をそろえる上原さん。多くの野菜を育てる農家を指す「篤農家」らしい。「ゆきえー、カラシナを15、小松菜を15ね」。客が囲むと、10分足らずで売れた。

 たぶちゃん記者が声を掛けると「篤農家というほどじゃないですよ。最初は野菜がちゃんと育ってるか心配で夜中も畑に見に行きました」とはにかんだ。義父が始めた畑を夫婦で継いで45年。今は中部の市場や給食センターなどに野菜を卸しているという。

 山積みになったシークヮーサーやタルガヨーを売っていた大城勇さん(73)。おもむろに立ち上がると、誰もいない売り場にトウガンを一つポンと置いた。どうやら、決まった店子(たなこ)同士で野菜を売り買いしているらしい。代金は後でもらうこともあるとか。大城さんの野菜を目と鼻の先にある店の店子が買い、客がその店子から野菜を買う。

 「え、大城さんのとこで直接買った方が安くない?」。はてなマークが飛び交う記者を見て、大城さんが笑った。むむ、信頼関係がなせるルールなのか…。

 天ぷらや総菜がずらりと並ぶ「備瀬商店」2では備瀬守さん(63)が忙しそうに店先を行き来している。備瀬さんはのうれんプラザ管理組合の理事長だ。

 午前6時、朝食を支度する香りが辺りに漂い始めた。又吉カメラマンは「市場Cafe」3でトーストとコーヒーで一服。近くの店でレモンケーキやおもちゃの風船玉も購入し、ほくほく顔だ。

 地蔵顔の明るい津田さんとの会話も楽しい。生年月日を聞くと「誕生日はトム・クルーズと同じです」と会心の笑み。たぶちゃん記者はフルーツサンドを撮るのに夢中で「え? なんて言いました?」と聞き返していたけれど。

 汁物が入った大鍋の向こうから華やかな声を響かせるのが“長女”こと母親の石垣洋子さんだ。午前11時から店を開けて午後7時まで働き、その後は自身が経営する久米のスナックへ向かうという。

 汁を取り分ける際、背筋が伸びてやけに姿勢が良いのは琉球舞踊で磨いた所作がのぞくから。交友関係も広く、「新聞を購読してもらいたいときは店に通って信頼関係を築くこと」とアドバイスを頂戴した。ちなみに、4姉妹の年齢は「みんな38歳」だそう。

 夜が更け、居酒屋が店じまいする頃になると、農家の搬入が始まり、朝が来る。時間とともに表情が変わるのうれんプラザ。24時間変わらないのは、パワフルな店主たちの笑顔だろうか。

 のうれんプラザの前身は言わずと知れた農連市場。トタン屋根の木造で歴史ある建物は、「県民の台所」として64年、親しまれてきた。のうれんプラザのオープンに伴い、市場で販売していた農連中央市場事業協同組合の店子(たなこ)は新施設に移転。前農連市場は10月31日で閉鎖された。

 1953年琉球農連(現在のJAおきなわ)が米国民政府管理の土地を借りて開設したのが始まりだ。農家と客でごった返し、当時からいる店子は「足の踏み場もないくらいのにぎわいだった」と振り返る。81年には市場敷地内の私有地返還に伴う強制執行で現市場の北隣に相対売り場を一部移転。その際、店子らは売り場を守ろうと、スクラムを組んで機動隊と対峙(たいじ)する場面もあった。

 市場周辺の再開発に向けて動きだしたのは84年。30年余の時を経て、2016年1月から再開発工事が始まった。現在も周辺工事は続いており、市営住宅や分譲マンションなどを含めた全事業の完了は20年春の予定だ。

 のうれんプラザの家賃が前市場より高いため、移転を機に店子を“卒業”した人もいる。歴史の詰まった前農連市場の建物はのうれんプラザ西側にあり、年内にも解体工事に入る予定だ。

出典: ryukyushimpo.jp

ソーシャルネットワークにおけるシェア:

コメント - 0