Receive up-to-the-minute news updates on the hottest topics with NewsHub. Install now.

福井・恐竜博物館 「よろい竜」化石を発見

2017/11/15 8:12
3 0
福井・恐竜博物館 「よろい竜」化石を発見

 福井県勝山市の県立恐竜博物館は15日、同市内にある白亜紀前期(約1億2000万年前)の地層「手取層群北谷層」から、草食恐竜「よろい竜」の歯の化石2点が見つかったと発表した。国内のよろい竜の体の化石としては最古。うち1点は根元部分まで残っており、同館は「今後、あごなど他の部分の化石も見つかる可能性がある」と期待している。

 歯化石は長さ24ミリ、幅5.5ミリ、厚さ3.5ミリのものと、長さ10ミリ、幅6ミリ、厚さ3ミリのもの。先端部分がよろい竜特有のノコギリ状になっている。歯の根元に帯状の突起「歯帯(したい)」があり、よろい竜のうちノドサウルス科とみられる。

出典: mainichi.jp

ソーシャルネットワークにおけるシェア:

コメント - 0