Receive up-to-the-minute news updates on the hottest topics with NewsHub. Install now.

福島の被災地で成人式 小6で書いた「拝啓この手紙…」

2019/01/13 11:13
8 0

 東京電力福島第一原発事故で全村避難となった福島県飯舘村では新成人42人が出席した。事故から9カ月後、隣町で小学校の卒業式が開かれ、「20歳の自分への手紙」を書いた。13日の成人式で手紙を開封し、故郷への思いを新たにした。

 岩手県大船渡市では333人が門出を祝った。岩手医科大2年の田中彩絵美(さえみ)さん(20)は、一緒にこの日を迎えられなかった幼なじみの写真を手に参列した。

 田中さんはひざの上に松原啓太さん(当時12)の写真を置いた。卒業アルバムに載ったあどけない笑顔にスーツ姿。みんなと同じ正装にしてあげようと、田中さんがスーツとネクタイを「プレゼント」し、写真店で合成してもらった。

 2人は保育園、小学校が同じで家も近く、いつも一緒。「本当にニコイチだった」。震災時は6年2組の同級生。啓太さんは家族と一緒に車で逃げる途中、津波にのまれた。市内の小中学生では、ただ一人の津波犠牲者だった。

出典: asahi.com

ソーシャルネットワークにおけるシェア:

コメント - 0