Receive up-to-the-minute news updates on the hottest topics with NewsHub. Install now.

竹で仮設の鳥居 台風被害の八立稲神社

2018/11/08 8:06
7 0
竹で仮設の鳥居 台風被害の八立稲神社

 和歌山県田辺市古尾、八立稲神社の氏子らは、竹を組み合わせて作った鳥居を境内に建てた。9月の台風でもともとあった鳥居が折れたためで、新しく建てるまでの仮の鳥居という。

 神社の榎本統一総代長(74)によると、同社は台風21号の強風により、境内の鳥居やサクラの木が倒れたり、拝殿の壁の一部が吹き飛んだりした。被害を受け、一時的に竹で鳥居を仮設できないか氏子に提案したところ、快く制作を引き受けてくれたという。

 鳥居は、竹細工が趣味という同市古尾の羽山隆夫さん(72)が中心となり、ほか5人の氏子とともに制作。地元の住民から提供してもらった孟宗竹を使い、協力して高さ約2・6メートル、幅約3・5メートルの鳥居を作った。

出典: agara.co.jp

ソーシャルネットワークにおけるシェア:

コメント - 0