Receive up-to-the-minute news updates on the hottest topics with NewsHub. Install now.

笠岡でシーガルズのファン感謝会 「青白戦」やプレー体験で交流: 山陽新聞デジタル|さんデジ

2018/09/02 11:58
3 0

 バレーボールVリーグ女子、岡山シーガルズのファン感謝会が2日、笠岡市の笠岡総合体育館で開かれ、主将の山口舞や日本代表セッターの宮下遥ら勢ぞろいした26人の選手たちがプレーの体験など多彩な催しでファン約700人と交流した。

 ユニホームの色で分かれて対戦する「青白戦」やファンがレシーブやアタックを体験するコーナー、選手のファッションショーなどが次々と行われた。青白戦はジュースにもつれ、最後は白組の吉田みなみが1枚ブロックで勝利を決めると、拍手が湧き起こった。

 河本昭義監督はあいさつで、最高峰の「V1」に参入する11月開幕の今季の抱負を語り「昨季のチャレンジリーグを通じてチームは成長している。皆さんの思いを超えるような結果を出したい」と約束。岡山県体協の越宗孝昌会長(山陽新聞社会長)は「まずは10月の福井国体で優勝を飾り、勢いに乗ってV1に臨んでほしい」と激励した。

出典: sanyonews.jp

ソーシャルネットワークにおけるシェア:

コメント - 0