Receive up-to-the-minute news updates on the hottest topics with NewsHub. Install now.

第九合唱団が初練習 田辺市、12月の演奏会に向け

2018/10/02 8:13
10 0
第九合唱団が初練習 田辺市、12月の演奏会に向け

 田辺第九合唱団は1日、和歌山県田辺市新屋敷町の紀南文化会館で、12月の演奏会に向けて初練習をした。発声方法やドイツ語の発音などを確認しながら、歌声を重ねた。

 この日は、団員78人が参加。元高校教諭の原盾二郎さん(81)が指導に当たり、全員で発声練習をした。原さんは「背筋を伸ばして、口は楽にしっかりと開けて声を出して。歌い始めるときは指揮者の指示をよく見て」などと助言。団員は発声方法や息継ぎをするタイミングなどを意識しながら歌った。

 その後、男声パートと女声パートに分かれて練習した。男声パートでは元中学校教諭の前田暁さん(64)が「声の響きを常に意識して」などと指導した。

 演奏会は、12月9日午後3時から紀南文化会館で開かれる。市教育委員会と田辺第九の会が主催。市文化協会と紀伊民報後援。指揮は飯守泰次郎さん、管弦楽は関西フィルハーモニー管弦楽団が務める。ソリストとして、田辺市出身のバリトン歌手、須藤慎吾さんも参加する。

出典: agara.co.jp

ソーシャルネットワークにおけるシェア:

コメント - 0