Receive up-to-the-minute news updates on the hottest topics with NewsHub. Install now.

米の財政赤字、9840億ドルに悪化 予算教書を発表

2018/02/13 3:23
4 0

 米トランプ政権は12日、2019会計年度(18年10月~19年9月)の予算教書を発表した。連邦政府の財政赤字は、減税や国防費の増加などで9840億ドル(約107兆円)と、昨年の想定の2倍近くに拡大。国内総生産(GDP)比で7年ぶりの高水準に悪化する見通しだ。急激な財政拡張で国債が増発されて金利が上がり、株安など金融市場の波乱要因になるおそれがある。

 「効率的、効果的、責任ある米国の予算」と名づけた教書では、前年同様、年率3%の経済成長を想定。19年度の予算総額は4・4兆ドル(約480兆円)と、前年度から5・6%増えるが、税収は2・4%増にとどまる見通し。

 今後10年間で1・5兆ドル(約164兆円)を掲げるインフラ投資は、連邦政府の支出を10年間で2千億ドル(約22兆円)とする。防衛費では、国防総省の予算として17年度比13%増の6860億ドル(約75兆円)を提案。18年度からの2年間で180億ドル(約2兆円)を見込むメキシコ国境の壁建設費用は、19年度は16億ドルを盛り込んだ。「医療保険制度改革(オバマケア)」の撤廃や、メディケア(高齢者向け公的医療制度)など社会保障費は大幅に削減する。

出典: asahi.com

ソーシャルネットワークにおけるシェア:

コメント - 0