Receive up-to-the-minute news updates on the hottest topics with NewsHub. Install now.

習い事の新定番! アプリ開発は小学生から【子どもの未来を拓くプログラミング教育@沖縄(5)】

2017/09/11 3:00
3 0
習い事の新定番! アプリ開発は小学生から【子どもの未来を拓くプログラミング教育@沖縄(5)】

 サッカー・水泳などのスポーツ、ピアノ、そろばん、習字といった定番に加えて、最近は「プログラミング」が注目を集めていることをご存知でしょうか。

 2020年から小学校でプログラミング教育が必修になることを背景に関心が高まり、民間のプログラミング教室が急増しています。イー・ラーニング研究所の調べ によると、2017年に子どもにさせたい習い事の第1位が「プログラミング」になるなど、その人気は年々高まっています。 では、民間ではどのようなプログラミング教育が行われているのでしょう。主な内容をご紹介します。

 小学校でのプログラミング教育必修化の方針が発表された2013年ごろを契機に、子どもを対象にプログラミング教育を提供する民間の事業者(民間企業・NPO法人・大学等)の数は急速に増加しています。

 2017年3月に公表された総務省の報告よると、学校外でのプログラミング教室・講座を開始している事業者は、2013年以降、年々増加傾向となっています。教室・講座の受講対象者を見ると、小学生(特に高学年)を対象としているところが多く、続いて中学生、高校生となっており、このことからも小学生からのプログラミング教育の注目の高さがうかがえます。

 このように、子どもを対象としたプログラミング教室の数は増加傾向にありますが、一口に「プログラミング教育」と言っても提供されている内容はさまざまです。子どもの興味関心に応じて学習内容を選べる環境が整ってきました。

 例えば、パソコンに不慣れな子どもや、プログラミング経験の少ない子には、子ども向けのプログラミング学習ソフトを用いた初歩的な講座が多く開講されています。簡単なゲーム開発などを通して、プログラミングの基本的な知識や概念、考え方を学んでいくもので、マウス操作を中心に手軽に取り組むことができるため人気を集めています。

  一方、大人と同じ本格的なプログラミング言語を用いて、スマートフォンアプリや3Dゲームなど、本格的な開発まで教えている教室もあります。私の運営するTech Kids School 沖縄那覇校では、「Swift」や「C#」など、プロの開発者が用いるプログラミング言語を、小学校3年生から教えています。初歩的なプログラミング学習に飽き足らなくなった子どもや、本格的なスキルを学ばせたいと思っている保護者にとても人気があります。

 また、ロボットに興味がある子どもには、ロボットの組み立て~プログラミングによるロボットの制御を通じたプログラミング学習を提供する教室もあります。あらかじめ決められたミッションをクリアするために、モーターやセンサーの仕組みを理解しながら、プログラミングによるロボットの制御を学びます。こちらは、将来ロボットを作りたい子や、実際に触って動きを確認したい子に人気があります。

 さまざまなプログラミング教育が提供されるになった一方、選択肢が増えてしまい「子どもにプログラミングを習わせたいけど、何からさせていいのか分らない」といった声も最近では聞かれるようになりました。

 保護者が本格的なプログラミング言語を学ばせたいと思っても、子ども自身が興味をもたなければ、学習意欲の向上・スキル習得は望めません。Tech Kids Schoolでは、保護者が学習内容決めるのではなく、まずは子ども自身が何に興味持っているのかを確認し、その意思を尊重することをオススメしています。

 プログラミング教室では、体験会も多いのでまずは足を運んで、子ども自身が「学びたい!」と思える学習内容や教室を探してみるのはいかがでしょうか。

 民間のプログラミング教室が増え、子どもたちが継続的にプログラミング学習に取り組む環境が整ってきたことで、学習の成果も徐々に出てきています。中には、プログラミングで自分のオリジナルゲームやアプリを開発し、それをアプリケーションストアにリリース(一般公開)している子どもや、高校生や大学生に混じってプログラミングコンテストに出場する子どももおり、大人も驚く活躍を見せています。

 また翌年には、同じくTech Kids School 東京渋谷校でプログラミングを学んだ当時小学校6年生の男の子が、同コンテストで最優秀賞にあたる経済産業大臣賞を受賞しています。このとき受賞したiPhoneアプリ「allergy〜世界中のアレルギーの人のためのアプリ〜」は、食物アレルギーを持つ作者の男の子が、自身が海外旅行で食事をしたときにアレルギー情報が分からず困ったという経験から、同じ悩みを持つ世界中の人に使ってもらえるようにと開発したものです。9つの言語に対応しているほか、言葉が通じなくてもイラストで分かるようにするなどの工夫がされており、アプリの持つ社会的な意義なども含め、高く評価されました。

また、お読みください。 アミークス、ロボコンV 小学生部門、県勢初の快挙

出典: ryukyushimpo.jp

ソーシャルネットワークにおけるシェア:

コメント - 0