Receive up-to-the-minute news updates on the hottest topics with NewsHub. Install now.

「自立しないと持続しない」 観光カリスマの山田さん講演

2019/01/11 8:06
25 0

 南紀熊野観光塾第6期(和歌山大学南紀熊野サテライト主催)が10日、和歌山県古座川町月野瀬の南紀月の瀬温泉ぼたん荘いろり館で開講し、内閣府などが認定する「観光カリスマ」の山田桂一郎塾長が「選ばれ続ける古座川町になるために」をテーマに基調講演した。塾生と一般の計約50人を前に山田塾長は、国や県など外に頼るのではなく「自立しないと持続しない」と述べ、地域内経済循環の促進を訴えた。

 山田塾長は「何かしないと人口は減っていく一方」と、進学などで町外へ出て行った若者が帰ってくる町にしなければならないと指摘。観光客が大勢来ても、お金を使ってもらわなければ雇用が生まれないと述べた。

 魅力ある独自の商品を作れば、値段が高くて距離が遠くても人が来ると説明。「どんなにいいものを作っても、お客が欲しいと思わないと価値がない。利益が出ないと人を雇えない。今まで通りの商売では無理」と述べた。

 ビジョン(将来像)を生み出すために「やりたいこと、やれること、求められていること」の三つの要素を高次元で満たすことが大事と説明。今後の日本は都市部の高齢化がさらに進むが、田舎の高齢者は減り、子育てや地域活性化に回せるお金が増えるなどとメリットも伝えた。

出典: agara.co.jp

ソーシャルネットワークにおけるシェア:

コメント - 0