Receive up-to-the-minute news updates on the hottest topics with NewsHub. Install now.

藤井四段、新境地「受けの決め手」 初の順位戦で5連勝

2017/10/12 20:01
2 0

 将棋の中学生棋士、藤井聡太四段(15)が12日、第76期将棋名人戦・C級2組順位戦(朝日新聞社、毎日新聞社主催)の5回戦に臨み、88手で勝利した。終盤、受けの達人で知られた「大名人」を思わせる「受けの決め手」を放ち、新しい一面を印象づけた。

 この日の相手は星野良生(よしたか)四段(29)。序盤の作戦家として知られ、新しい戦術を編み出した人などに贈られる「升田幸三賞」を受賞した経験もある。しかし、本局は藤井四段が軽快な攻めを成功させて、優位に立った。

 図は先手・星野四段が4八の飛車を5八に動かした局面。ここで後手・藤井四段には、△1五歩や△6六銀といった攻めの手段がある。こうした手で、決着をつけにいくことも考えられた。

出典: asahi.com

ソーシャルネットワークにおけるシェア:

コメント - 0