Receive up-to-the-minute news updates on the hottest topics with NewsHub. Install now.

記念誌でダウン症の理解呼び掛け 30周年迎えた作州地域の親の会: 山陽新聞デジタル|さんデジ

2019/01/13 9:09
9 0

 ダウン症の子を持つ作州地域の親の会「あひるの会」(藤本宗平会長)は、発足30周年の記念誌を作製した。会員の子どもたちの成長を写真やメッセージで紹介している。

 同会は1989年4月、ダウン症児を持つ6家族で結成。会員同士の情報交換や福祉向上などを目的に活動しており、現在は60家族が会員となっている。

 記念誌ではそういった経緯を記したほか、1~36歳の52人の日常生活の表情を捉えた写真や親からのメッセージ、趣味を掲載。それぞれが「1人暮らしがしてみたい」「しっかり仕事がしたい」などと思いをつづった。

出典: sanyonews.jp

ソーシャルネットワークにおけるシェア:

コメント - 0