Receive up-to-the-minute news updates on the hottest topics with NewsHub. Install now.

「認知症サポーター」15万人に 県が数値目標設定、20年度末まで|山形新聞

2018/02/13 1:59
2 0

 県は、県認知症施策推進行動計画(2015~17年度)を改訂し、18年度から3カ年を計画期間とする新行動計画を策定する。改訂案では認知症の正しい知識を備え、患者やその家族を見守る「認知症サポーター」を20年度末までに累計15万人養成するなど具体的な数値目標を設定した。県はパブリックコメントを行い、県民から広く意見を募っている。

 改訂案では、施策の方向性として▽認知症サポーターのさらなる養成▽若年性認知症に関わる支援強化▽介護事業所を拠点とした地域支援体制の強化▽発症者や家族らの交流拠点「認知症カフェ」の活動支援―などを盛り込んだ。

 数値目標に関しては、認知症サポーターの養成数を20年度末までに15万人に拡大し、サポート体制の充実を図る考えを示した。17年12月末時点の養成数は11万6476人となっている。

 認知症対応力の向上を狙った研修についても、受講者数の目標を明記している。いずれも20年度末までの累計で、かかりつけ医700人、歯科医師170人、薬剤師560人、看護職員370人とする方針。身近な地域で認知症の症状について早期に気付く環境を整え、迅速な対応につなげる狙いがある。

 改訂案は県のホームページ(HP)で掲載しているほか、県庁1階の県行政情報センター、各総合支庁総合案内窓口でも入手できる。県はパブリックコメントを電子メールなどで受け付けており、県のHPなどから意見を寄せることができる。締め切りは26日。

出典: yamagata-np.jp

ソーシャルネットワークにおけるシェア:

コメント - 0