Receive up-to-the-minute news updates on the hottest topics with NewsHub. Install now.

「超ホワイト」理系研究室 残業ゼロで成果アップの秘訣

2019/01/13 3:12
4 0

 重井医学研究所(岡山市南区山田)は、国道2号に面した小高い丘の上にある。県内で最初に人工透析を始めた倉敷市の重井病院(現・しげい病院)が腎臓病の解明と治療法開発を目指し1978年に設立した。

 研究所には二つの研究室があり、その一方を率いる。専従スタッフは自身も含め20~40歳代の男女5人と小所帯だが、2012年の着任以降、名が通った国際科学誌に7本の論文が載るなど成果を上げている。閲読回数トップ100に入ったものもある。

 小学5年生の娘と2人で暮らす。伴侶も研究者で、東京で働いているからだ。朝6時半に起きて朝食を作り、娘と一緒に家を出る。午後5時半に仕事を終えて、娘が待つ家に帰る。

出典: asahi.com

ソーシャルネットワークにおけるシェア:

コメント - 0