Receive up-to-the-minute news updates on the hottest topics with NewsHub. Install now.

辺野古へ石材の海上搬入始める 政府、普天間移設工事の加速狙う

2017/11/14 1:55
1 0

 政府は14日、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設先、同県名護市辺野古の米軍キャンプ・シュワブで、移設工事の護岸造成に使う石材の海上搬入を始めた。船を使った大量輸送で工事加速を目指す。反対派は小型の船などによる抗議活動を行った。

 海上搬入するのは、10トンダンプカー約50台分の砕石。13日に国頭村の奥港で、防衛省沖縄防衛局の委託業者が船への積み込み作業をした。近くでは、数十人の移設反対派が抗議活動を行った。

 沖縄県は工事中止を求める訴訟を政府と係争中。翁長雄志知事は協議が調うまで海上搬入しないよう沖縄防衛局を行政指導したが、防衛局は応じなかった。

出典: nishinippon.co.jp

ソーシャルネットワークにおけるシェア:

コメント - 0