Receive up-to-the-minute news updates on the hottest topics with NewsHub. Install now.

里庄、笠岡東など代表決定戦進出 県中学野球備南西地区大会: 山陽新聞デジタル|さんデジ

2018/07/12 10:20
6 0

 山陽新聞社杯争奪第69回岡山県中学校野球選手権大会(県中学校体育連盟、県軟式野球連盟、山陽新聞社など主催)の備南西地区大会が12日、かさおか古代の丘スポーツ公園どんぐり球場(笠岡市走出)と井原運動公園野球場(井原市上出部町)で開幕。1回戦8試合を行い、里庄、笠岡東などが代表決定戦進出を決めた。高屋―金浦は雷雨のため3回途中でサスペンデッドとなった。

 井笠地域の16校がトーナメントで対戦し、選手たちは互いに声を掛け合いながら、はつらつとプレー。スタンドには保護者らが駆け付け、大きな声援や拍手で後押しした。

 大会は当初、7日開幕を予定していたが、西日本豪雨のため、試合日程を延期。13日は、サスペンデッドとなった高屋―金浦戦の続き(3回裏から)と、代表決定戦4試合を行う予定。代表決定戦を勝ち抜いた4校は県大会(26~29日・県営球場ほか)に出場する。

出典: sanyonews.jp

ソーシャルネットワークにおけるシェア:

コメント - 0