Receive up-to-the-minute news updates on the hottest topics with NewsHub. Install now.

野茂&ダル超え…田中、デビューから4年連続10勝(スポニチ)

2017/08/29 0:32
1 0
野茂&ダル超え…田中、デビューから4年連続10勝(スポニチ)

ア・リーグ ヤンキース10-1マリナーズ(2017年8月27日 ニューヨーク)

 ヤンキースの田中将大投手(28)が27日(日本時間28日)、マリナーズ戦で7回を6安打1失点、10奪三振で10勝目(10敗)を挙げた。メジャー通算100試合目となった節目の登板で、日本投手では野茂英雄、ダルビッシュを抜き、史上初のデビューから4年連続の2桁勝利を挙げた。3度の故障者リスト(DL)入りや今季の不振を乗り越え、大きな足跡を刻んだ。

 集中力を極限まで研ぎ澄ました。初回に1点失い、なお1死二、三塁で5番シーガーを迎えた。田中は2球目に96マイル(約154キロ)直球で空振りを奪い追い込むと、1ボールを挟んで再び96マイル。外角低めに決め、空振り三振を奪った。この2球がこの日最速だった。

 右肩炎症によるDL入りから復帰2戦目。3回から4イニング連続で先頭打者を出塁させたものの、要所でスライダー、スプリットも決まった。毎回の10三振を奪い「しっかりとプランに沿って、打者一人一人に投げていった結果」と振り返った。

 今季は5~6月の7試合で0勝6敗、防御率8.91と過去にない不振を克服。試行錯誤を経て「自分のやるべきことをやれば結果が付いてくる」との思いを強くした。投球のアプローチの変化にも表れている。これまでは打者の反応を見ながら投げる投球が持ち味だったが「その時期は過ぎた」。現在は「より具体的に投球プランを持って臨む」といい、あくまで相手より自分が主体。初回の96マイルも「力を入れるというよりは、自分の中のポイントを押さえて投げた」結果として、球速、コース、高さも完璧な球につながった。

 デーゲームのジンクスも払しょく。過去7試合で0勝6敗、防御率11・81という相性の悪さを米メディアに批判されることも多かったが、過去3年間ではデーゲームの方が成績が良く「別に全然気にすることはない」と意に介さず、シーズンの正念場で証明した。

出典: mainichi.jp

ソーシャルネットワークにおけるシェア:

コメント - 0