Receive up-to-the-minute news updates on the hottest topics with NewsHub. Install now.

金子氏、県議辞職へ 飲酒運転の指摘受け|山形新聞

2018/06/23 0:13
9 0

 酒田市・飽海郡区選出の金子敏明県議(63)=遊佐町吹浦=が、2016年に飲酒した後に自宅近くで自家用車を運転したとの指摘を受け、議員辞職する意向を固めたことが22日、分かった。県議会関係者らに伝えており、山形新聞の取材に対し金子県議は「2年前のことで記憶はないが道義的責任を取りたい」と話している。

 関係者の話を総合すると、金子県議が飲酒運転したとする投書が県議会に寄せられた。2年前、運転代行車を自宅近くまで利用した後、自らハンドルを握って車を移動させ、駐車したとする趣旨の文面だった。県議会関係者による聞き取りで金子県議は、当時の記憶はないとして運転代行業者に対して利用状況の確認を進める一方、指摘された2年前以外に複数回、同様の行為をしたことがあると述べたという。

 県議会は08年、県議の飲酒運転問題を機に「県飲酒運転をしない、させない、許さない条例」を議員発議で制定した経緯がある。「公職にある者」の率先垂範を明確に規定している内容で、こういった経緯を重く受け止め、辞職を決断したとみられる。

 金子県議は、遊佐町職員労働組合書記、連合山形酒田飽海地域協議会事務局長などを経て11年の県議選で初当選し、現在2期目。県議会会派は県政クラブに所属し、農林水産常任委員長を務めている。

出典: yamagata-np.jp

ソーシャルネットワークにおけるシェア:

コメント - 0