Receive up-to-the-minute news updates on the hottest topics with NewsHub. Install now.

錦織、世界4位を破る テニス・イタリア国際

2018/05/16 19:19
4 0

 テニスのイタリア国際は16日、ローマで行われ、男子シングルス2回戦で世界ランキング24位の錦織圭(日清食品)が第3シードの同4位、グリゴル・ディミトロフ(ブルガリア)に6―7、7―5、6―4で逆転勝ちした。3回戦でフィリップ・コールシュライバー(ドイツ)と戦う。

 テニスの錦織圭(日清食品)が16日にローマで行われたイタリア国際の2回戦で、世界ランキング4位のグリゴル・ディミトロフ(ブルガリア)に6―7、7―5、6―4で逆転勝ちした。2回戦で世界4位との対戦は、ふつうなら避けたい。でも、錦織は1回戦の後に言った。「優勝するためには、いつかは当たるので」。自然に強気な言葉が戻っていた。ディミトロフには過去3勝1敗。心理的なやりにくさもなかった。

 3時間近い死闘をくぐり抜けたのは錦織だった。ブレークして4―4に追いついた直後の最終セット第9ゲームでブレークポイントを与えた。この踏ん張りどころで、この日随一のラリー戦を制した末にキープ。気落ちした相手の第1サーブの精度が急に落ちた直後のゲームで決着をつけた。

 世界1位のハレプとの対決にあたり、大坂に覚悟はあったはずだ。「彼女はクレーでは驚くくらい俊敏に動ける」。1回戦に勝った後の記者会見で、そう印象を語っていた。

また、お読みください。 テニス=元女子世界2位のラドワンスカ、引退を発表

出典: asahi.com

ソーシャルネットワークにおけるシェア:

コメント - 0