Receive up-to-the-minute news updates on the hottest topics with NewsHub. Install now.

韓国の金鍾泌元首相が死去 92歳 日韓国交正常化の立役者:イザ!

2018/06/23 2:33
8 0

 【ソウル=名村隆寛】1965年の日韓国交正常化の立役者として知られる韓国の金鍾泌(キム・ジョンピル)元首相が23日、死去した。92歳だった。金氏は1976年に韓日議員連盟の初代会長を務めるなど、韓国政界における知日派の重鎮として知られ、日本での知己も多い。

 韓国中部の忠清南道扶余(プヨ)出身。49年に陸軍士官学校を卒業した後、朴正煕(パク・チョンヒ)元大統領のめいと結婚。61年、朴氏主導の軍事クーデターに中心人物として参加した。

 韓国中央情報部(KCIA)を創設し、初代部長に就任した。62年の大平正芳外相(当時)との日韓交渉では、「無償3億ドル、有償2億ドル」で対日請求権問題に決着をつけ、国交正常化へ道を開いた。

 71~75年に首相。79年の朴氏暗殺後の民主化過程で、金泳三(ヨンサム)、金大中(デジュン)両氏とともに大統領候補となり、「三金時代」と呼ばれたが、87年の大統領選で落選。98年に発足した金大中政権で再び首相を務めた。2004年の総選挙で落選した後、政界から退いた。

出典: iza.ne.jp

ソーシャルネットワークにおけるシェア:

コメント - 0