Receive up-to-the-minute news updates on the hottest topics with NewsHub. Install now.

【高校野球】山形大会100回~夏空の球音(6) 8強の壁突破|山形新聞

2018/07/11 1:02
9 0
【高校野球】山形大会100回~夏空の球音(6) 8強の壁突破|山形新聞

 その試合は県全体で野球の強化策に取り組むターニングポイントとなった。1985(昭和60)年の第67回大会、東海大山形が7―29でPL学園(大阪)に大敗した。“弱小県”のレッテルを覆そうという球児たちの闘いは、長きにわたり8強の壁に挑み続けた県勢の歴史と重なる。

 第61回(79年)の日大山形、第69回(87年)の東海大、第74回(92年)の日大と、県勢は幾度となく3回戦までは進んだものの、8強の壁は厚かった。「7―29」の試合を機に強化に向けた気運が高まり、96年に佐竹政和氏が県スポーツアドバイザーに就任した。酒田南の西原忠善元監督、羽黒の横田謙人前監督、日大山形の荒木準也監督、山形中央の庄司秀幸監督ら社会人野球で活躍した経験豊富な指導者も次々に現れ、県全体のレベルを着実に押し上げた。

 2004年の春の選抜大会では東海大が8強に入り、05年には羽黒が4強へ。「夏の8強」への期待が最高潮を迎えた06年の第88回大会で、ついに悲願が結実した。

出典: yamagata-np.jp

ソーシャルネットワークにおけるシェア:

コメント - 0