Receive up-to-the-minute news updates on the hottest topics with NewsHub. Install now.

高梁・吹屋で「ベンガラート展」 重伝建エリア4カ所に絵画や写真: 山陽新聞デジタル|さんデジ

2018/10/28 0:29
4 0

 赤色顔料ベンガラの生産で栄えた高梁市成羽町吹屋地区の魅力をアートで伝える「ベンガラート展」(実行委主催)が27日、国重要伝統的建造物群保存地区(重伝建)の吹屋ふるさと村(同所)で始まった。11月11日まで。

 ベンガラートはベンガラとアートを組み合わせた造語。重伝建エリアの古民家など4カ所に岡山県内外の陶芸、写真家ら7人の作品が展観され、町並みとアートが織りなす世界を観光客が楽しんでいる。

 長尾酒蔵では、画家堀越克哉さん(54)=岡山市南区=が油彩画を中心に計21点を展示。ベンガラを用い、赤茶色の屋根瓦が広がる吹屋の町並みを上空から見下ろす視点で描いた作品が目を引く。旧消防器庫では、写真家原美鈴さん(42)=同市東区=が「吹屋小唄踊り」など8枚のモノクロ写真とベンガラを使った筒などで、揺れる波の空間を演出している。

出典: sanyonews.jp

ソーシャルネットワークにおけるシェア:

コメント - 0