Receive up-to-the-minute news updates on the hottest topics with NewsHub. Install now.

1位に清水さん(東京)の「恵みの果実」 乾燥舘山りんご菓子コンテスト・米沢|山形新聞

2017/11/26 2:38
1 0
1位に清水さん(東京)の「恵みの果実」 乾燥舘山りんご菓子コンテスト・米沢|山形新聞

 山形大の城戸淳二教授らが開発した「常温乾燥技術」でつくる「乾燥舘山りんご」を使ったスイーツレシピコンテストが25日、米沢市の県立米沢栄養大で開かれた。城戸教授や菓子店、JAなどの代表ら13人による審査の結果、東京都練馬区、パティシエ清水多計雄(たけお)さん(28)の「恵みの果実」が1位に輝いた。

 新たな特産品づくりにつなげようと、両大学と市内の企業などが主催し、2回目。乾燥食材をより広く知ってもらおうと、昨年は学生のみとしていた対象を一般に拡大し、北は北海道、南は鹿児島県から38組の応募があった。書類審査を通過した8組が、この日開かれた試食審査に臨んだ。

 清水さんの「恵みの果実」は食感が残るよう粗めの粉末にした乾燥りんごをヨーグルト、クリームチーズと合わせムースに仕立て、同じ粉末を使ったクッキー生地の上に載せた。つややかな舘山りんごのようなビジュアルで、「砂糖を最小限にし、乾燥りんごの凝縮された酸味や甘みを生かした」という。ムースの中に潜んだフランボワーズソースの酸味もりんごの味を引き立てる。食材の使い方や味、見た目など総合的に高い評価を得た。

 清水さんは初めて使った乾燥食材のおいしさに驚いたといい、「生の味わいが詰まっている。他の乾燥果物も菓子づくりに取り入れてみたい」と意欲を見せていた。城戸教授は「誰でも手軽に乾燥食材を使えるよういろんな人にレシピを提案してもらい、さらに魅力を広げていきたい」と話していた。

出典: yamagata-np.jp

ソーシャルネットワークにおけるシェア:

コメント - 0