Receive up-to-the-minute news updates on the hottest topics with NewsHub. Install now.

「1学級1新聞」、小中校795クラスに 本紙提唱|山形新聞

2017/08/29 1:45
2 0

 山形新聞社は、地方創生をテーマに郷土愛醸成や学力向上、教育格差の解消を目指した「1学級1新聞」を提唱している。本年度から本格化し、関連事業を展開する自治体は予定を含め33市町村に広がり、興味を持った記事の発表、読み比べなど新聞を活用した教育活動に力を入れている。

 現時点で179の小中学校で795クラスに本紙が配達されている。山形新聞社は、各クラスに出向いて新聞の読み方などを紹介する出前授業を通じ、新聞に親しむ環境整備をサポートしている。私立高校版も県内全15校で始まった。山形新聞社OBの故鈴木正氏の篤志で設立された「鈴木基金」を活用し、趣旨に賛同する県内企業に協力を呼び掛けながら実施しており、現在は11企業が協賛している。

出典: yamagata-np.jp

ソーシャルネットワークにおけるシェア:

コメント - 0