Receive up-to-the-minute news updates on the hottest topics with NewsHub. Install now.

『3・11を忘れない 管野千代子写真展』 開催中 こども冨貴堂で 18日まで|あさひかわ新聞ONLINE

2018/03/13 20:59
6 0

 東日本大震災が起きる以前から、飯館村の人々を撮影してきた写真家・管野千代子さんの写真展が十八日(日)まで、こども冨貴堂(七条買物公園)のギャラリーキッズで開催中です。

 管野さんは、一九四六年、宮城県角田市生まれ。福島県浪江町に住み看護師として働きながら、折に触れて飯舘村に通い、山里の暮らしを撮り続けてきました。自身も原発事故の被災者となりながらも、浪江町や福島県内の仮設住宅などを訪れ、撮影し続けています。

 震災から丸七年が経過し、次第に報道されることも少なくなり、被災地以外では徐々に「3・11」は風化しつつあります。写真を通して、改めて被災地の現状を知り、一人ひとりが少しでも復興に向けて何ができるのか、を考えさせられる写真展です。

出典: asahikawa-np.com

ソーシャルネットワークにおけるシェア:

コメント - 0