Receive up-to-the-minute news updates on the hottest topics with NewsHub. Install now.

6万7千人に年金追加支給 委託先の作業遅れで

2018/03/13 7:43
6 0

 2月支給の年金を巡り、書類の提出や処理の遅れにより約130万人の所得税が控除されなかった過少支給の問題で、日本年金機構が委託した業者が期限内に提出された6万7千人分の書類を処理できなかったことが13日分かった。受給者に落ち度はなく、機構は15日に不足分を追加で払う。

 機構は昨夏、約795万人に控除に必要な「扶養親族等申告書」を送付したが、税制改正やマイナンバー制度の導入に伴い様式を大幅に変更したため、未提出や提出遅れが続出。約130万人は2月の支給額に控除が正しく反映されなかった。手続きを終えた人には、4月に不足分を上乗せして支給する予定だ。

出典: nishinippon.co.jp

ソーシャルネットワークにおけるシェア:

コメント - 0