Receive up-to-the-minute news updates on the hottest topics with NewsHub. Install now.

「ITマスター」が小学校で授業 県内初、ロボットプログラミング学ぶ|山形新聞

2017/10/10 12:20
2 0
「ITマスター」が小学校で授業 県内初、ロボットプログラミング学ぶ|山形新聞

 小学校でのプログラミング教育が2020年度に必修化されることを見据え、県内で初めて「ITマスター」による授業が10日、天童市寺津小(熊沢晃佳校長)で行われた。

 3年と5年計19人を対象に、ITマスターの千秋広幸さんら県職業能力開発協会の4人が指導に当たり、二足歩行ロボット「NAO」を使ってプログラミングした。千秋さんは「みんなは映画監督。俳優に命令するつもりでプログラムを組んで」と呼び掛けた。

 タブレットを操作し「しゃべる」という基本動作から、感情を表現する「動き」を加え、さらに「会話」を組み合わせたプログラムを作る。「NAOのことが好きですか」の問いに、児童が「いいえ」と答えると、NAOは「そんなー」と語り悲しそうに肩を落とす。こんな具合だ。

 児童たちはロボットを鬼ごっこに誘ったり、ギャグを仕込んだりと自由にシナリオをプログラミングし、動かしては歓声を上げた。5年の大石一陽(いちる)君(11)は「自分たちの考えた通りに動かせるところが楽しい」と目を輝かせて話した。

出典: yamagata-np.jp

ソーシャルネットワークにおけるシェア:

コメント - 0