Receive up-to-the-minute news updates on the hottest topics with NewsHub. Install now.

MLB=インディアンス、カラスコ投手と契約延長

2018/12/07 1:41
3 0

[6日 ロイター] - 米大リーグ(MLB)のインディアンスは6日、右腕カルロス・カラスコ投手(31)との契約を2022年まで延長したことを発表した。23年にクラブ側のオプションが付帯。

カラスコは2009年のメジャーデビューからインディアンスでプレー。11年に靱帯再建手術(トミー・ジョン手術)を受けて12年は全休、14年には低侵襲心臓手術を受けたが翌年に20年までの契約延長で合意していた。

15年以降は防御率3.40をマーク。この4シーズンの間ではアメリカン・リーグ(ア・リーグ)先発投手で6位の成績で、1シーズンで平均180回を投げ、29試合で先発した。今季は17勝10敗、防御率3.38を記録し、奪三振を与四球で割った数値はキャリア最高の5.37K/BBだった。

出典: jp.reuters.com

ソーシャルネットワークにおけるシェア:

コメント - 0