Receive up-to-the-minute news updates on the hottest topics with NewsHub. Install now.

写真、ビデオ

02:15 沖縄美人(6) キレイとハッピーは“感謝”がつくる タレント・くだかまりさん

7

02:00 カメラとお出かけ ほろほろ街(マーチ)vol.2 港川ステイツサイドタウン(浦添市)

8

02:00 受け継がれる母の味 クーブとセーイカの煮込み

46

12:47 記者たちの思い 「那覇ハーリー」と「糸満ハーレー」 

27

04:00 <未来に伝える沖縄戦>母 銃撃死亡も「涙出ず」 具志堅貞子さん

6

ビジネス

すべてのカテゴリのニュース

  • 対ロイター訴訟、ユニバーサルの敗訴確定 最高裁が上告棄却

    2017/07/22 3:51

    [東京 22日 ロイター] - ユニバーサルエンターテインメント(6425.T)から多額の資金が流出したと報じたロイターの記事で名誉を傷つけられたとして、ユニバーサルがトムソン・ロイター(TRI.TO)に損害賠償や記事の削除などを求めていた訴訟で、最高裁第2小法廷(小貫芳信裁判長)は19日付でユニバーサルの上告を棄却し、上告審として受理しない決定を下した。これによりユニバーサルの訴えを退けた1審、2審の判決が確定、同社の敗訴が決まった。 ロイターは

  • トヨタ、中国でEV量産へ C―HRベースに19年にも

    2017/07/22 2:10

     トヨタ自動車が電気自動車(EV)の生産と販売を中国で2019年にも始める方針を固めた。エコカー戦略の柱に、ガソリンも使うハイブリッド車(HV)を据えてきたが、環境規制の強化に対応。EVシフトで先を行く海外勢に対抗する。  今回のEVはスポーツ用多目的車「C―HR」をベースとする。生産台数は規制や補助金の内容を見極めて決めるが、年数千台以上とみられる。電池などの基幹部品は現地で調達する。  販売は中国市場に限る。中国に先行し、米カリフォルニア州も17年秋から規制を強化する。トヨタは、こちらの規制には当面、外部からの充電もできるプラグインHVや燃料電池車(FCV)で対応する。

  • 「組踊音楽太鼓」の比嘉聰さんが人間国宝に 沖縄県内で12人目

    2017/07/21 22:30

     国の文化審議会(馬渕明子会長)は21日、「組踊音楽太鼓」を重要無形文化財に指定し、その保持者(各個認定)=人間国宝=として光史流太鼓保存会副会長、県立芸術大学教授の比嘉聰氏(65)=那覇市=を認定するよう松野博一文科相に答申した。重要無形文化財「琉球舞踊」の保持者(総合認定)に27人を追加認定することも答申した。  人間国宝は例年

  • 神のバトン賞に古波津さんら4人 小中高生の詩を顕彰

    2017/07/21 22:30

     県内の小中高生を対象に詩の作品を顕彰する「第15回神のバトン賞」(琉球新報社主催)の選考会がこのほど、那覇市天久の琉球新報で開かれ、受賞作が決まった。神のバトン賞に選ばれたのは、高校生の部が古波津勇人さん(沖縄ろう学校高等部3年)の「手話を使うと楽しくなる」、中学生の部は石塚大久海さん(屋我地ひるぎ学園9年)の「石は黙っている」、小学校高学年の部は金城孝哉君(西原南小4年)の「弟のランドセル」、小学校低学年の部が多和田美月さん(天久小3年)の「親子ってふしぎ」だった。

  • セブンイレブン、下請けへ不当減額 公取委が是正勧告

    2017/07/21 20:07

     コンビニエンスストア最大手のセブン―イレブン・ジャパン(東京)が、弁当などの食品やプライベートブランド(PB)商品の製造を委託する業者に対する支払代金を不当に減額していたとして、公正取引委員会は21日、下請法違反(減額の禁止)で是正勧告を出し、発表した。巨大な市場を抱えるようになったコンビニ業界に対して、公取委は「下請けいじめ」の監視を強めている。  セブン社は

  • 日産、EV用電池量産から撤退へ 中国ファンドに売却

    2017/07/21 15:53

     日産自動車は、電気自動車(EV)「リーフ」に搭載している電池の生産子会社を、中国の投資ファンド「GSR」に売却する方針を固めた。電池の量産からは撤退する一方、最先端の電池の研究開発に資源を集中する。売却額は1千億円規模の見通しで、今夏にも交渉をまとめ、発表する。  売却するのは

  • 「残業代ゼロ」連合執行部、了解得られず 産別など反対

    2017/07/21 14:16

     専門職で年収の高い人を労働時間規制から外す「高度プロフェッショナル制度(高プロ)」を条件付きで容認する方針に転じた連合の執行部は、21日の中央執行委員会で組織内の了解を取り付けられなかった。地方組織や傘下の産別などから反対意見が相次いだためだ。  執行部は了解を取り付けたうえで、政府、経団連と高プロの政府案の修正に関する「政労使合意」を結ぶ予定だった。27日にも合意する方向で調整していたが、このスケジュールも流動的に。先行きに不透明感も漂い始めた。神津里季生(こうづりきお)会長は中執委の後の記者会見で「政労使合意について文言を含めて見極める必要がある」と述べ、内部での議論を続ける方針を示した。

  • 英輸出企業の約半数、EU離脱決定後も販売戦略見直さず=調査

    2017/07/21 10:40 1

    [ロンドン 21日 ロイター] - 英金融大手ロイズ・バンキング・グループが21日公表した調査結果によると、英国の輸出企業のほぼ半数は欧州連合(EU)離脱が決定してからのこの1年で販売戦略を見直していなかった。 英国のモノ

  • 複数のECB政策立案者、10月にQE巡る決定の公算大と想定=関係筋

    2017/07/21 10:32

    [フランクフルト 21日 ロイター] - 欧州中央銀行(ECB)の複数の政策立案者は、資産買い入れの将来について決定するのは10月になる可能性が最も高いとみており、スタッフが選択肢として提示している12月では遅すぎると考えている。政策立案者間の議論を直接知る関係筋4人が明らかにした。 関係筋によると、9月7日の理事会までに手に入る主要データはほとんどないほか、ドイツ総選挙の前に政策立案者も行動を取りづらくなる可能性がある。 ドラギ総裁は20日、理事会後の会見で、緩和策調整に関する選択肢の策定をスタッフ委員会に指示しなかったと明らかにした。この件に関しては、秋にあらためて議論するとした。

  • 焦点:ファミマが業務見直し加速、IT駆使で「アナログ」を実現

    2017/07/21 10:25

    [東京 21日 ロイター] - ファミリーマートが大きく変わろうとしている。昨年9月に就任した沢田貴司社長の直轄で立ち上げた「改革推進室」が、本部や店舗の業務をゼロベースで見直している。 成長やサービス拡大とともに積み上がってきた業務を