Receive up-to-the-minute news updates on the hottest topics with NewsHub. Install now.

ビジネス

すべてのカテゴリのニュース

  • PB黒字化後に財政収支均衡を、歳出の目安も導入=財審建議案

    2015/05/19 8:29 24 1

    [東京 19日 ロイター] - 財政制度等審議会が月内に取りまとめる財政健全化計画に向けた建議案では、2020年度までの基礎的財政収支(プライマリーバランス、PB)黒字化目標達成後に、財政収支の均衡を目指す取り組みの検討が必要と指摘し、財政再建への道筋を確実なものにするよう促す。歳出改革における予算編成の役割も大きいとし、歳出規律が維持できる仕組みの必要性を強調したのも特徴だ。 原案で示す財政健全化に向けた課題は

  • 総菜のもと、選びきれない? 推計1千種、和・洋も増

    2015/05/19 7:12 25

     肉や野菜を加えて調理するだけで、本格的な一品料理のできあがり。そんな魔法をかなえてくれるのが、お総菜の「もと」です。当初は中華中心でしたが、女性の社会進出を背景に、今では和食や洋食へと活躍の場を広げています。  キャベツ、もやし、豚肉、チキン……。大手スーパーの店頭に並ぶ総菜のもとのパッケージには

  • 値上げ品目バターなどに限定、物価上昇持続性に課題=渡辺東大教授

    2015/05/19 5:57 2 1

    [東京 19日 ロイター] - POSデータを利用した東大日次物価指数を開発・公開している東京大学大学院の渡辺努教授は19日都内で講演し、2月以降日用品の価格が上昇に転じているが、少数の品目のみが上昇しており物価上昇の持続性に課題があると指摘した。 これまで東大物価指数は、調査対象をスーパーで販売されている財に限定してきたが、日銀の政策運営の先行きを知りたい、などのニーズにこたえるため、総務省の消費者物価指数(CPI)の疑似指数を現在研究開発していることを明らかにした。 東大物価指数は昨年4月の消費増税以降、低迷が続いていたが、今年2月以降回復基調にあり4月から前年比プラス圏に浮上している。渡辺教授は、スーパーで特売の頻度が減り、特売の値下げ幅が縮小した影響が大きいとの見方を示した。

  • 医療費の地域格差是正へ「目標値」、補助金配分に反映=政府筋

    2015/05/19 5:10 22 1

    [東京 19日 ロイター] - 政府の経済財政諮問会議の民間議員は19日、医療費の地域間格差の是正に向け、病床数や平均在院日数などに目標値を導入することを提言する。2018年度に中間評価を実施し、都道府県の取り組み状況によって、国から地方への補助金の配分に反映させる。政府筋が明らかにした。 提言では、各分野ごとの歳出改革について

  • ほったらかし空き家対策ビジネス 増税仕組み導入に先手

    2015/05/18 20:43 22

     不動産会社が、所有者にかわって「空き家」を管理するサービスに力を入れ始めた。空き家対策特別措置法が26日から完全施行され、ほったらかしの空き家が増税されたり強制撤去されたりするかもしれないからだ。持ち主の売却などの相談にものり、ビジネスを広げるねらいがある。  東京都内の

  • ユーロ圏債券はギリシャ国債利回り急上昇、IMF融資返済めぐる懸念で

    2015/05/18 19:19 26 1

    [ロンドン 18日 ロイター] - 18日のユーロ圏金融・債券市場では、ギリシャ国債が急落した。財政状況が極めて厳しいことに加え、改革に消極的なことから、来月期限を迎える国際通貨基金(IMF)への融資返済を危ぶむ見方が強まった。 ギリシャ2年債GR2YT=TWEB利回りは238ベーシスポイント(bp)上昇の23.5%と、3週間ぶりの高水準をつけた。上昇幅も約1カ月ぶりの大きさだった。10年債GR10YT=TWEB利回りは67bp上昇の11.45%。

  • 日産ゴーン社長、仏ルノー傘下の関係「変える必要なし」

    2015/05/18 15:52 22

     日産自動車のカルロス・ゴーン社長は18日、仏ルノーが日産を傘下に置く今の資本関係について「協業がうまくいっており、変える必要はない」と述べた。仏政府がルノーへの議決権を1・6倍の28%へ拡大した問題では「日産に影響を与えないよう注意深くやっている」と述べ、経営への悪影響を否定した。  朝日新聞などのインタビューに答えた

  • 「らしさなくさないで」トヨタ提携のマツダサイトに殺到

    2015/05/18 13:59 8

     「マツダらしさはなくさないで」――トヨタ自動車との業務提携強化を発表したマツダの交流サイトの公式ページに、賛否の声が殺到している。発表した13日夜から18日午後4時までに、フェイスブックに寄せられたコメント数は529件と、トヨタに寄せられた数の23倍だ。  内容は「10%の熱狂的なファンのためのクルマを作り続けて」「悪い意味でトヨタっぽくならないことを祈る」など、マツダが最大手のトヨタに「のみこまれる」ことを心配する声が、「日本の自動車業界の新しい展開」という期待を圧倒している。

  • インフレ2%超目指すべき、利上げ来年初めに=米シカゴ連銀総裁

    2015/05/18 7:08 22 1

    [ストックホルム 18日 ロイター] - 米シカゴ地区連銀のエバンズ総裁は、国内インフレが長期にわたり低水準にあるため、来年初めまでゼロ%に近い金利を維持し、インフレが目標の2%を上回ることを目指すべきとの見解を示した。 ストックホルムでの講演原稿で

  • 3月第3次産業活動指数は99.5、前月比‐1.0%=経済産業省

    2015/05/18 4:55 3 1

    9業種が低下した。「学術研究、専門・技術サービス業」は土木・建築サービス業、公認会計士事務所、税理士事務所を中心に2.7%低下した。「卸売業、小売業」と「その他サービス業(公務等を除く)」は、それぞれ2.5%低下した。「卸売業、小売業」では建築材料、鉱物・金属材料等卸売業、飲食料品卸売業、自動車小売業、飲食料品小売業が、「その他サービス業(公務等を除く)」では自動車整備業の低下が目立った。「宿泊業、飲食サービス業」はファーストフード店及び飲食サービス業の寄与により0.7%低下した。