Receive up-to-the-minute news updates on the hottest topics with NewsHub. Install now.

ビジネス

すべてのカテゴリのニュース

  • 米ダウとS&Pが下落、ナスダックは上昇

    2018/10/22 22:38 2

    [ニューヨーク 22日 ロイター] - 米国株式市場は値動きの荒い展開の中、ダウ平均株価とS&P総合500種が下落。エネルギー株や金融銘柄に売りが出た。週内に一連の企業決算発表を控え、警戒感が高まった。ただハイテクセクターが上昇し、S&P総合500種の下げは限定的となった。ハイテク株の多いナスダック総合は小幅上昇した。 インバーネス

  • NYダウが反落、126ドル安 米国とサウジの関係懸念

    2018/10/22 22:20 1

     週明け22日のニューヨーク株式市場は、世界経済の先行き不透明感が強まっていることなどから、大企業でつくるダウ工業株平均が反落した。終値は前週末比126・93ドル(0・50%)安い2万5317・41ドルだった。  この日の中国市場で株価が急回復したことから、ダウ平均は上昇して始まった。ただ、イタリアの財政問題が深刻化しかねないとの警戒感や、米金利上昇で住宅ローン販売が伸び悩むとの見方から、ゴールドマン・サックスなどの金融株が大きく売られて相場を冷やした。  サウジアラビアの記者殺害疑惑を受け、米国とサウジの関係が悪化し、中東情勢が流動化しかねないとの懸念も市場に根強い。米中貿易摩擦激化への警戒感も影を落とし、ダウ平均の下げ幅は一時、200ドルを超えた。

  • イタリアと欧州委、予算案巡り合意と確信=ユーログループ議長

    2018/10/22 20:27 3

    [リスボン 22日 ロイター] - ユーロ圏財務相会合(ユーログループ)のセンテーノ議長は22日、2019年予算案を巡りイタリア政府と欧州委員会が合意に達することを想定しているとの認識を示した。 イタリア政府はこの日、欧州委に対し、EU財政規律に反する2019年予算案を修正しない考えを示しつつも、今後数年間はさらに財政赤字を拡大させない方針を示したことについて、センテーノ議長は「建設的」と評価した。

  • イタリア、予算案修正せず 赤字増やさない方針もEUに通知

    2018/10/22 15:33 4

    [ローマ 22日 ロイター] - イタリア政府は22日、欧州連合(EU)の欧州委員会に対し、EU財政規律に反する2019年予算案を修正しない考えを示した。ただ、今後数年間はさらに財政赤字を拡大させない方針も示した。 トリア経済

  • 苦情が次々…携帯販売店の不適切な営業、規制強化へ

    2018/10/22 11:33 3

     携帯電話の不適切な営業を行う販売代理店への規制強化に向け、総務省の有識者会議の初会合が開かれた。不要なプランへの加入を勧められたといった利用者からの苦情が多いためだ。先行して議論を始めた携帯料金値下げに関する研究会と連携し、来年2月をめどに中間報告をまとめ、政策に反映させる。  22日に開かれたのは

  • 白川日銀前総裁、経済課題解決「答えは金融政策にない」

    2018/10/22 11:20 3

     日本銀行の白川方明(まさあき)・前総裁が22日、日本記者クラブで会見し、「過去5年の経験が示すように、日本経済が直面する問題の答えは金融政策にはないことは明らかだ」と述べた。白川氏が2013年3月の総裁退任後、会見で金融政策を語るのは初。安倍政権が黒田東彦(はるひこ)・現総裁と5年以上続けるアベノミクスや異次元緩和への直接的な批判はなかったが、金融緩和の副作用を指摘し、人口減と高齢化が低成長の背景にあると主張した。  白川氏は会見で

  • ドイツ経済、第4四半期に回復か=連銀

    2018/10/22 10:51 4

    [フランクフルト 22日 ロイター] - ドイツ連銀は月例経済報告を公表し、第3・四半期のドイツ経済は自動車生産の停滞で伸び悩んだが、最近の景気拡大のけん引役は健在であり、第4・四半期に景気が回復するとの見通しを示した。 連銀は「ドイツの景気拡大は

  • MRJ、新たな難題 ライバル「企業秘密を盗用」と提訴

    2018/10/22 10:44 2

     開発が難航している三菱重工業のジェット旅客機MRJが新たな難題を抱えた。カナダの航空機大手ボンバルディアが、自社の企業秘密を不当に使われたとして米連邦地裁に三菱重側を提訴。三菱重は反発しているが、MRJの開発が遅れる要因になりかねない。  「従業員として最後の日に、極めて機密度の高い情報を含んだプレゼン資料と当局との極秘のやりとりを、私用のヤフーメールに送った」。シアトル地裁への提訴は19日付。ボンバルディア社は三菱重子会社の三菱航空機などを相手取った92ページに及ぶ訴状のなかで、三菱側に移った複数の元従業員を名指ししつつ、漏れたとする情報が航空当局からのお墨付きとなる「型式証明」を取るためのものだとの見方を示した。

  • 丸ごとイノシシ「亥い年に」 サントリーの干支ボトル

    2018/10/22 10:15 1

     来年の干支(えと)「亥(い)」をかたどった「干支ボトル」のウイスキーの製造が、サントリー山崎蒸溜(じょうりゅう)所(大阪府島本町)で本格化している。今回のデザインは、陶製ボトル全体でイノシシをあらわし、表面には松竹梅の模様をあしらった。  22日午前、サントリーホールディングスが製造ラインを報道陣に公開した。干支ボトルの製造、販売は今年で37回目。中身はサントリーのウイスキー「ローヤル」で、1本600ミリリットル入りという。24日までに約1万6800本を製造する。

  • 金融の過熱感、バブル後で最も高い 日銀リポートで指摘

    2018/10/22 9:58 1

     日本銀行は22日公表した「金融システムリポート」で、バブル経済崩壊以降で、金融活動の過熱感が最も高まっている、との試算を明らかにした。日銀の大規模な金融緩和で超低金利が続くなか、金融機関は収益拡大のため新たな貸出先を求めている。ただ、リスクがあるのに低金利で貸しているケースもあるとみて日銀は警戒している。  リポートは日銀が春と秋の年