Receive up-to-the-minute news updates on the hottest topics with NewsHub. Install now.

ビジネス

すべてのカテゴリのニュース

  • TV型ガスストーブ? クセモノ昭和家電が集合

    2018/10/22 1:23 1

     昭和30~40年代に製造された「ナショナル(現・パナソニック)」の家電製品をクローズアップした企画展「昭和のユニーク家電展」が、大阪府門真市門真のパナソニックミュージアム「ものづくりイズム館」で開かれている。11月24日まで。  戦後の混乱期から復興していくこの時期

  • 企業向け資金需要が横ばい、個人は改善=日銀調査

    2018/10/22 1:01 1

    [東京 22日 ロイター] - 日銀が22日公表した「主要銀行貸出動向アンケート調査」(四半期ごと公表)の10月調査では、企業向けの資金需要が「増加」したとの回答から「減少」を指し引いた指数(DI)がプラス2となり、前回7月調査から横ばいだった。 規模別にみると大企業向け、中小企業向けともにがプラス4となり、前回のそれぞれゼロ、プラス1から改善したが、金融機関による企業全体として資金需要の判断に変化はみられなかった。 個人向けの資金需要判断DIはゼロとなり、前回調査のマイナス2から改善した。このうち住宅ローンはプラス1(同マイナス1)に改善。消費者ローンはマイナス3で横ばいだった。

  • トランプ氏、中間層向け大規模減税を検討 中間選挙前に発表も

    2018/10/22 0:29 1

    [エルコ(米ネバダ州) 20日 ロイター] - トランプ米大統領は、中間所得層を対象にした減税を検討しており、重要な中間選挙の直前となる11月初めごろに発表する可能性があることを明らかにした。 米財務省が15日発表した2018会計年度(9月までの1年間)の財政収支は、赤字額が7790億ドルと前年度の6660億ドルから拡大し、12年度以来6年ぶりの高水準を記録した。昨年末の大型減税や今年に入ってからの歳出拡大が赤字拡大の要因となった。

  • サウジ株、外国人投資家の売りが15年以来最大規模に

    2018/10/21 23:40 1

    [ドバイ 21日 ロイター] - サウジアラビア株式市場では、10月18日まで1週間の外国人投資家による売りが40億1000万リヤル(10億7000万ドル)に上り、2015年半ばに外資による直接購入が解禁されてから最大規模になった。反体制派のサウジ人記者ジャマル・カショギ氏の失踪を巡り米国とサウジの関係が悪化し、投資家心理に影響したため。 サウジの株式市場は

  • アマゾンやアルファベットの決算に注目=今週の米株式市場

    2018/10/21 22:56 1

    スワースモア・グループのポートフォリオマネジャー、カート・ブラナー氏は「株式市場は重要な局面にある」と指摘。「市場が大きく悪化しないためには、アマゾンやアルファベットがある程度良い数字を示す必要がある」と語った。 ブライト・トレーディングのトレーダー、デニス・ディック氏は「かなり多くの資金が同じ銘柄に投資されている」と指摘。その上で「市場がすべての材料を受け流して1カ月後に新高値を付けるのか、さらなる下値を試す展開になるのか、現時点で判断するのは難しい」と語った。

  • 米財務長官、中国経済減速の波及リスクを否定

    2018/10/21 22:54 1

    [エルサレム 21日 ロイター] - ムニューシン米財務長官は、中国経済の減速が他の新興国にも波及し、米金融市場の不安定化につながるとの懸念に否定的な見方を示した。 19日に発表された第

  • 「節税保険」金融庁が監督強化 発売延期する新商品も

    2018/10/21 11:59 3

     主に中小企業経営者向けの死亡定期保険を巡り、生命保険の販売現場で「節税」アピールが過熱し、金融庁が監督を強化している。一部の商品設計は保険の趣旨を逸脱しかねないとみて、各社に繰り返し調査して説明を要求。一部で新商品の発売延期の動きも出ている。  問題の保険は

  • 三菱UFJ銀頭取、サウジでの国際会議の参加取りやめ

    2018/10/21 10:40 3

     三菱UFJ銀行は21日、サウジアラビアで23~25日に開かれる国際経済会議「未来投資イニシアチブ」に出席を予定していた三毛兼承頭取が、参加を取りやめることを明らかにした。代理で吉川英一副頭取が出席する予定という。  会議をめぐっては、サウジ政府に批判的だった記者ジャマル・カショギ氏の殺害疑惑を機にサウジに対する批判が高まり、ムニューシン米財務長官や国際通貨基金のラガルド専務理事ら各国の政財界幹部や投資家が相次いで不参加を表明している。三菱UFJ銀行広報部は今回の対応について、「総合的に判断した」としている。

  • 日銀副総裁、仮想通貨に懐疑的「決済普及にはハードル」

    2018/10/21 9:12 1

     日本銀行の雨宮正佳(まさよし)副総裁が20日名古屋市内で講演し、将来的に中央銀行が現金や預金の代わりとなるデジタル通貨を発行する実現性について、「金融安定や金融仲介に及ぼす影響について、慎重な検討が必要」と述べた。ビットコインなど仮想通貨の将来性については「決済で広く使われるハードルは相当高い」と懐疑的な見方を示した。  日本金融学会で「マネーの将来」というテーマで講演した。日銀首脳がデジタル通貨や仮想通貨に触れ、将来的なお金の「あり方」について体系的に話すのは珍しい。

  • 東証システム障害、社長の減給処分検討 賠償には否定的

    2018/10/20 8:50 2

     日本取引所グループ(JPX)傘下の東京証券取引所は、9日に起きた株式売買システムの障害を受け、再発防止策をまとめた報告書を23日にも金融庁に提出する。市場運営者としての責任を明確にするため、宮原幸一郎社長(JPX取締役兼執行役)の報酬を減額する処分も検討する。障害で証券会社は売買注文の取り次ぎが一時できなくなり、各社は顧客に補償するが、東証は自らの賠償責任には否定的だ。  システム障害は