Receive up-to-the-minute news updates on the hottest topics with NewsHub. Install now.

写真、ビデオ

09:00 沖縄☆イルミネーション10選 観光地から畑まで!(2017~2018冬バージョン)

25

02:00 ○○美容室の○○さんを訪ねてみた。→客と店主の社交場だった。 「てみた。」21

20

02:00 手作りのそりで滑ってみた。→軽く、速く 風になった。 「てみた。」23

19

ビジネス

すべてのカテゴリのニュース

  • 円相場、一時1年3カ月ぶりの円高ドル安水準に

    2018/02/16 2:11

     16日の東京外国為替市場の円相場はやや円高が進み、一時、1ドル=106円ちょうど近辺をつけた。約1年3カ月ぶりの円高ドル安水準。米国の財政悪化の懸念からドルを売り、円を買う動きが出ている。  米トランプ政権のインフラ投資や減税で米国の財政赤字が拡大し

  • 金融庁「みなし業者」を立ち入り検査へ NEM流出問題

    2018/02/16 1:11

     仮想通貨交換業者「コインチェック」が仮想通貨NEM(ネム)約580億円分を不正に流出させた問題で、麻生太郎金融担当相は16日、コインチェック以外の15社に対しても金融庁の立ち入り検査を始めると表明した。コインチェックとこの15社は、仮想通貨交換業の登録を受けないまま営業を続けている「みなし業者」で、同庁は、セキュリティー体制などについての実態把握が必要だと判断した。  同日午前の閣議後の記者会見で

  • ゴーンCEO続投決定 仏ルノー ナンバー2にボロレ氏

    2018/02/16 1:07

     仏ルノーは15日の取締役会で、カルロス・ゴーン会長兼最高経営責任者(CEO)の再任を決めたと発表した。任期は4年間で、6月の株主総会で正式に決める。ナンバー2の最高執行責任者(COO)には、商品開発などを担う最高競争力責任者であるティエリー・ボロレ氏を充てた。ボロレ氏がゴーン氏の有力な後任候補になる。  日産自動車と三菱自、ルノーの連合を率いるゴーン氏は、昨年3月末に日産の社長兼CEOを退いた。今年1月には、グループ全体と3社各社の経営トップを分ける必要性に触れ、ルノーCEOからの退任を示唆した。しかし、今回COO職を復活させてボロレ氏に日々の実務を任せ、CEOを続投することになった。ゴーン氏はグループ全体を見る業務に重点を置く見通し。

  • <南風>「TSUNAMI」

    2018/02/16 0:41

     ある年の道中。イヤホンから不意にこの曲が流れてきた。切ない恋愛を唄う歌詞だが、タイトルゆえ、震災後、メディアで流れることも、ライブで歌われることもなくなった。ふと、あるニュースを思い出した。宮城県の「女川さいがいFM」が閉局する際、最後にこの曲を流したという。選曲に正直驚いたが、あっぱれと言いたい気にもなった。  震災直後、この曲への桑田佳祐さんの心境が綴

  • NYダウ、300ドル超上昇 5営業日で下落幅半分回復

    2018/02/16 0:08

     15日のニューヨーク株式市場では、幅広い銘柄に買い戻しが入り、大企業で構成するダウ工業株平均は5営業日連続で値上がりした。終値は前日比306・88ドル(1・23%)高の2万5200・37ドルと、2万5000ドル台を回復した。  ダウ平均は1月下旬のピークから一時2700ドル以上値下がりしたものの、この5営業日で下落幅の半分を回復した。市場関係者は「急落で売られすぎた後の反動で、買い戻しが入った」と話した。

  • ルノー取締役会、ゴーンCEO再任 日産との連携強化要請

    2018/02/15 23:19

    ルノーは取締役会の決議に関する発表文で、ゴーン氏(63)は4年間の任期中に「企業連合を不可逆的なものにするために確実な歩みを進める」必要があると指摘。ゴーン氏の続投は6月の年次株主総会に諮った上で正式決定する。 フランス政府は、ゴーン氏がやがて退任の時を迎えてもルノー・日産連合が存続できるよう、日産との連携強化をルノーに迫ってきた。マクロン大統領は13日、「ルノーの利益や企業連合、フランス国内の工場を守る明確なロードマップ」を求めると表明していた。

  • 米国株式市場は5日続伸、アップルなどハイテク株が大幅高

    2018/02/15 22:51

    15日発表された1月の米卸売物価指数(PPI)は前月から伸びが加速し、インフレ圧力の高まりが示された。しかし、前日の消費者物価指数(CPI)の発表と同様、市場は大きく反応していない。 トムソン・ロイター・エスティメーツによると、企業の業績見通し引き上げが相次いだことを受け、アナリストはS&P総合500種指数採用企業の2018年の1株利益が18.9%増えると予想している。 ニューヨーク証券取引所では、値上がり銘柄数が値下がり銘柄数を2.27対1の比率で上回った。ナスダックでも2.25対1で値上がり銘柄数が多かった。

  • ドル全面安、対円で15カ月ぶり安値=NY市場

    2018/02/15 22:32

    [ニューヨーク 15日 ロイター] - ニューヨーク外為市場ではドルが全面安。米10年債利回りが4年ぶり高水準をつけたものの、ドルに対する地合いは軟調で、対円では終盤の取引で1年3カ月ぶり安値を更新した。 この日は、米10年債利回りUS

  • 米税制改革、短期成長押し上げ 赤字・債務にはマイナス=IMF専務理事

    2018/02/15 20:53

    [パリ 15日 ロイター] - 国際通貨基金(IMF)のラガルド専務理事は15日、トランプ米政権の税制改革により短期的に米経済成長は押し上げられるとしながらも、中期的には赤字や債務などの面でマイナスの影響が出る可能性があるとの見解を示した。 ラガルド専務理事はフランス

  • 米ブレーク・イーブン率堅調、PPI受け

    2018/02/15 15:12

    [ニューヨーク 15日 ロイター] - 米国の1月卸売物価指数(PPI)の上昇ペースが加速したことを受け、インフレが連邦準備理事会(FRB)目標(2%)に近づきつつあるとの見方が広がる中、予想物価指標の1つ、ブレーク・イーブン・インフレ率(BEI)は堅調に推移した。 トレードウェブのデータによると、米東部時間午前8時50分(日本時間午後10時50分)時点で、10年物BEI USBEI10Y=RR US10YTIP=TWEB US10YT=RRが2.12%と、1週間ぶり高水準付近で推移した。前日終盤を1.6ベーシスポイント(bp)上回った。